投稿者「marimari」のアーカイブ

ググらない生活

 2018年4月から、一年間ドイツに研究滞在することになりました。ろくろくドイツ語も話せないのになぜ?とは自分でも思うのですが、ドイツ語で話すということより、ドイツで呼吸することを重視したのだと言うしかありません。

 私のドイツの哲学を研究対象としてはいるものの、ドイツの政治・経済・文化についてはかなり無知です。しかし無知というのはときには知にまさるのでは?誰もがネットにすれば知りたいことを知ることができる時代にあって、無知のまま日々異文化にさらされ続けることはそれ自体が大した体験になるかもしれない。そんなことも知らないのか、と笑われるところに生まれる知もあるでしょう。

 私はわからないことがあってもグーグルで調べずすぐに人に聞くので、身近な方から「そういうのは『ググれ!カス!』って言われるんだ」と人間でないかのような扱いをされますが、面倒くさがりなので分からないことがあっても、すぐにググらない。哲学の世界ではソクラテスの無知の知というのが認識の出発点だとたたえられています。それならば、私も無知な人間は何に驚くのかということを率直に報告してみるとしましょう。

つづく。

論文紹介: 現代社会を理解するための『大論理学』注釈(3) 第一部・『第一書 存在』――その1・注釈1と第一章「学は何を始元としなければならないか」および「存在‐無-成」への注釈」

所収:「ヘーゲル論理学研究」第22号(ヘーゲル論理学研究会編、2016.11.30)73-125頁。

黒崎剛著

PDF(現代社会を理解するための『大論理学』注釈3)

論文紹介: 現代社会を理解するための『大論理学』注釈(1) 序論と緒論――ヘーゲル哲学を読む意義はどこにあるのか、そして、ヘーゲル論理学とは何であるのか――

所収:「ヘーゲル論理学研究」第20号(ヘーゲル論理学研究会編、2014.11.30)75‐122頁。

黒崎剛著

 

本論文は上記タイトルのとおり、「序論と緒論」というのが正しいタイトルなのであるが、雑誌に掲載されたオリジナルでは「序文と緒論」とタイトルを誤ってつけている。それを含め、数字の間違いなど、誤解を生む明らかに間違っている箇所を訂正したものをPDF化してある。もちろん、内容には何ら変更はない。

PDF(現代社会を理解するための『大論理学』注釈1)