論文紹介: 現代社会を理解するための『大論理学』注釈(1) 序論と緒論――ヘーゲル哲学を読む意義はどこにあるのか、そして、ヘーゲル論理学とは何であるのか――

所収:「ヘーゲル論理学研究」第20号、ヘーゲル〈論理学〉研究会編、2014年、75‐122頁。

黒崎剛著

 

本論文は上記タイトルのとおり、「序論と緒論」というのが正しいタイトルなのであるが、雑誌に掲載されたオリジナルでは「序文と緒論」とタイトルを誤ってつけている。それを含め、数字の間違いなど、誤解を生む明らかに間違っている箇所を訂正したものをPDF化してある。もちろん、内容には何ら変更はない。

PDF(現代社会を理解するための『大論理学』注釈1)